八ヶ岳南麓風景街道ブログ

八ヶ岳南麓風景街道の会からのお知らせと報告を掲載します。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ペンキ塗り替え しました!  at 三峰の丘(小淵沢町)
今日は朝から快晴で無風、しかも暖かい!、ペンキ日よりです。
雨の予想が見事にはずれ、めったに見えない3番目に高い穂高まで見える最高の天気となりました。

ペンキ塗り替えを実施した所は、日本で1,2,3番の標高の富士山、北岳、穂高の三山が見える三峰の丘です。
中央線が近くを通る小淵沢町の大滝湧水近くです。
観光スポットにと道路を拡張したのですが、残念ながら、防護柵は白のガードレールや赤白の防護柵になってしまいました。
そこで、私たちの茶色への塗り替え作戦です!   今年は、山梨県の塗装業者も参加して下さいました。心強いです。
 
ペンキ塗り開始へ
いよいよ、戦闘開始・・ じゃなくペンキ塗りへ!!!
 
目指すは、正面のガードレール 長さ20m? と
2箇所の赤白防護柵です。









途中
ペンキ塗り開始です。














長いガードレール
結構長い、ガードレールなんです。












赤白も
赤白防護柵も塗り替えです。


真剣なまなざし
目つきも真剣!
表側だけでなく、裏も、下側もと
何度も離れてはペンキムラを見つけて、重ね塗りします。













いよいよ完成間近です。














赤白after
完成で〜〜す!
あの赤白が、こんなに変身しました。
まるで、絵になるほど、きれい(笑い)。


完成
そして、大作のガードレールも 完成です。
実は、カーブの矢印や標識のポールも塗っちゃいました。
景観が良くなると目立ち始めるのが「悪い」所。
本当は、右に見える大きな矢印の黄色も
塗りたかったのですが・・・。



向こうに見える南アルプスが喜んで見えませんか? 
参加者も周囲の風景がきれいに見え始め、やったぁ!と満足感を味わいながら終えました。

来年は、右に長〜〜く続く、ガードパイプの柵に挑戦したいものです。 
参加者が多いとできますので、これを見たみなさま、 来年は是非一緒に!。
天候に恵まれ本当にペンキ塗りには最高の日でした。 
下準備そして、参加者のみなさま、お疲れ様でした。

 
| ブログスタッフ | 報告 | 13:27 | - | - |
第6回 ワークショップ  走って気持ちの良い道路 〜レインボーライン〜 
◆ 2013年10月23日(水)
◆ 講師:石井信行 先生 (山梨県景観アドバイザー)
   山梨大学大学院 医学工学総合研究部工学学域社会システム工学系 准教授

八ヶ岳の豊かな自然、美しい山並みや田園風景に調和した沿道景観を作っていくために、
景観抜群のレインボライン(広域農道)を観察して、感想や意見を出し合うという地味な
ワークショップにかかわらず、会場はにぎやかな風景です。

30数名の方たちが集まって下さいました。

会場の様子

今回は、行政担当者だけでなく、警察、広告関係者、観光協会、そして議員さんも参加です。
そして、景観に感心の高い地域を反映してか、多くの一般市民の参加がありました。

講師の石井先生から、道路景観についてのお話。
その後、「
レインボーライン」に出ていきました。







最初の現場

2箇所で現地を見ました。
緑が多い地域なので、看板はよく目立ちます。
民間の看板は、「茶色地に白字」の景観に合っているのですが、
派手な黄色の縦の看板(公共の標識)などで、乱れた印象を与えてしまいます。

すっきりさせるには、看板の色や、形が重要です。




富谷交差点

次は、富谷交差点です。

信号があるのに、「交差点注意」の看板は必要なの??
「おかしいよねぇ」「確かに不要ですね」などの感想が早速出ています。










重複標識

こちら側にも、「交差点注意」の標識。

見通しが良くて、信号があるのだから、取り外すべきではないか・・・と厳しい意見が聞こえてきます。










選挙の看板

選挙の看板が多い!
違反ではないといっても、景観を汚しているポスター。
議員さんたちにも、景観への配慮をお願いしたい。



グループで討論

会場に戻り、4つのグループに分かれ、いよいよ意見交換です。
(1)景観の良いポイント
(2)景観のわるいポイントをあげ、
(3)この景観をよくするために誰が何をすればよいのかを検討。

事前に準備した10箇所の写真資料が臨場感を出し、
しかも、みんなの知った地域のため、議論は大盛り上がりです。
悪い点がありすぎる中、様々な景観をよくするためのアイデアが
出てきました。






発表

それぞれのグループの意見発表です。
持ち時間の5分は軽くオーバーしてしましましたが、
それでも、グループで出た良いアイデアなど、発表できないこともたくさんありました。









最後に石井先生から:
・その地域、道路で、看板・標識を全体的にみる、デザイナーの配置が必要
・八ヶ岳は、多くの移住者が来ているが、その人たちの質が、時代と共に変化するので、それを予測したルール作りが必要。
・アメリカでは、標識は少なく、しかも絶妙な位置にあり、その意味がよくわかる。
  日本でも、設置に工夫を加えることで、標識の数も減らせるのではないか。
・観光客には、その地域を育てる観光客と、その地域を消費する観光客がいる。
  だから、地域を育てる観光客の誘致ができる環境作りが必要。
この地域に合ったコメントを頂きました。 今後に役立ていきたいと思います。

アンケートでは、いろんな人の意見が聞けたのが良かったという意見を多くいただきました。
みなさま本当に、お疲れ様でした。
 
| ブログスタッフ | 報告 | 16:39 | - | - |
関東優秀活動賞を受賞!
 9月6日に関東地方整備局での日本風景街道の交流会があり、地域の皆様にもご参加いただきました「ペンキ塗り替え」で表彰されました。
下記の3部門のなかの、「美しい国土景観形成」部門での表彰でした。
「関東優秀活動賞」
  ■地域活性化への寄与部門
  ■美しい国土景観の形成部門
  ■観光振興への寄与部門


本年度もペンキ塗りの準備を進めておりますので、是非またご参加お願いします!
| ブログスタッフ | 報告 | 11:01 | - | - |
2013年シーニックデッキの草刈りやりました
夏休み前に、シーニックデッキの草刈りをして、きれいにしました
毎年、毎年、雑草は伸びてきます。

























 
| ブログスタッフ | 報告 | 22:56 | - | - |
赤白防護柵の塗り直し
3月21日、道路の赤白防護柵の塗り直しを行いました。

当会の官民協働事業として、当会メンバーの民間団体、北杜市、山梨県、国の職員。
更に一般公募で募集したボランティアの皆さん。
合計20人以上の参加で、早春の半日、風の冷たい日でしたが、暖かくなる程に活動しました。

先ずは、塗装前と塗装後の写真を比較してご覧ください。


ここは、綺麗な庭がある民家の向こうに八ヶ岳が見えるポイントです。
赤白と茶色・・その差は一目瞭然ですね。


集落内の道です。
塗装が乾いた後、必要箇所に反射テープを貼ります。


夜間など、赤白の塗装より反射テープの方が遠くからの視認性が高くなります。
景観だけでなく、安全対策としても優れています。


歴史的な建築物の前も、これでスッキリしました。
地域の文化や歴史を残していくには、見栄えも大切です。

ここまでは、塗装の前後の写真を比較していただきました。
作業中の写真などは、この下の続きをご覧ください。


続きを読む >>
| ウェブ管理人 | 報告 | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
+ 八ヶ岳南麓風景街道の会
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS